スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カゴ天秤づくり①<素材・道具>

浮きに続いて「カゴ付き天秤」の作り方をご紹介します。

今回製作する「カゴ付き天秤」は、プラスチック製のカゴを流用した万能タイプです【写真下】。いわばチョイカゴ釣りのスタンダードモデルです。 アジ、サバ、ソーダ、ワカシ釣りなどに向いています。150センチ以下のハリスで2本針(まで)仕様の吹流し仕掛けを扱のに適しています。製作時間は、慣れれば1時間程度。浮きに比べ、はるかにラクチンですw 

海面上層から10~12ヒロ程度のタナでよく使っています。しかし反面、100メートルを伺うような超遠投・深ダナには不向きです。空気抵抗が大きいほか、刺し餌が「むき出し」になるので、飛行途中で脱落する恐れがあります。また、2ヒロや3ヒロの長ハリスを扱うこともできません。超遠投には超遠投専用のカゴを使うことをお奨めします。ダイワやYO-ZURIなどのメーカで発売しているほか、沼津方面の釣具店でもオリジナル品を扱っています。また、作り方を紹介しているブログもあります。

カゴ1    
こんな感じのものを作ります。

<素材>
  1. ステンレス線 (直径1.2ミリと1.4ミリの2種類各1本)
  2. プラスチック製カゴ(以下、プラカゴ)
  3. 丸オモリ
  4. 発光玉ソフト(Lサイズ LLだったかな?)
  5. ハトメ
  6. Wスリーブ(内径が太い方のステンレス線に合うもの)
  7. 熱収縮チューブ(あれば)
  8. ビーズ類
  9. 蛍光ゴム管(サイズ大 クッション材として使用) 

カゴ素材 
主な素材。あっ丸オモリが写っていない!

<素材の補足説明>
ステンレス線は、釣り道具店で扱っています。長さ50センチ、4、5本入りが袋単位で売っています。ここでは軸に直径1.4ミリ、天秤部分に同1.2ミリを使います。小物狙いでしたら1.2×1.0ミリでも充分です。

プラカゴは、Lサイズの蓄光タイプを使います。もちろんサイズはMでもいいですし、色は白色タイプでも構いません。ただ、安売りのものには飛びつかないようにw 中には肉厚の薄いものがあり壊れやすいです。

丸オモリは、ここでは8号にします。発光玉ソフトは集魚というよりプラカゴのクッション的意味合いが強いです。色はケイムラでもいいと思います。ハトメはプラカゴの補強、Wスリーブは軸の上端と下端のまとめ、蛍光ゴム管は下端の保護材として使います。




<道具>
  1. ワイヤーカッター(ペンチでも可)
  2. ステンレス線専用加工プライヤー(ペンチ)
  3. ペンチorプライヤー
  4. ドライバー(プラス溝の1番か2番)=ハトメをかしめます。
  5. ハンダゴテ
  6. ステンレス専用ハンダ
  7. フラックス

カゴ道具

<道具の補足説明>
ワイヤーカッターは、ステンレス線を切断したり、スリーブをかしめるのに使います。ペンチでも代用できます。私のワイヤーカッターは使い始めて10数年経ちます。そもそもカレイ用の片天秤を作るため購入しました。4、5年前、1.6ミリの線材を切断中、刃の根元にひびが入ってしまい、現在は片刃状態です。本来は太い線材を切断するものではないと思いますが、取り説を紛失しているため仕様が分かりませんw

ただ、ペンチやニッパーと違って刃をスライドというか、すりあわせというか、要するに「線材をせん断」するので気持ちがよく、いまでも使い続けております。

ワイヤーカッター 
歴戦の勇士・ワイヤーカッター

ステンレス線専用加工プライヤー(あるいはペンチ)は、ステンレス線の先端をリング状にする道具です。この作業のなかで唯一、特殊工具らしい工具です。市販品ですとGear-Labさんの「天秤・ルアー自作ペンチ」(注:現在リニューアル中で販売していません)や「ラウンドプライヤー」などがあります。笑い話ですが、歯科技工士が使う「メストラプライヤー」でも代用できるのではないかと真剣に考えていた時期もありましたw 

しかし、私は握力が弱いので市販品が合わず、結局友人にプライヤーを加工してもらい専用工具を作ってもらいました。 なお、個人的な考え方ですが、この手の工具を通販で購入する時、サイズを十二分に確認した方が無難です。できればHSなどで現物を手にとって見るほうがいいでしょう。サイズが合わないと使い物になりません。

荒木プラ (1) 
友人作のステンレス線専用加工プライヤー

ところで天秤といえば、主に投げ釣りの世界のもの。投げ師のブログの中にもいろいろな天秤づくりが紹介されています。線材の先端をまるめる作業は、「カゴ付き天秤」をつくる上でとても参考になります。その中の一つ「サーフキャスター.com」では、なんと「専用ペンチ」の作り方まで出ています。浮きづくりの時も思ったことですが、どうもこの世界の方々は「釣具を作る道具」をつくることが大好きなようです。勉強になります。

スポンサーサイト

カゴ天秤づくり②<作業手順>

 <作業手順>
まず50センチのステンレス線をカットします。軸になる直径1.4ミリは27センチ使用します。23センチ分が無駄になります。何かに利用しましょうw 天秤用の1.2ミリは25センチ。2本分できますねw

【工程①】天秤側ステンレス線両端にリングをつくる
天秤用の1.2ミリの両端をリング状にします。文章では分かりづらいので【写真】で説明します。


【写真上段左から、まず半円状に①②。次いで掴む位置をずらして円状に③④。】
リング作製_001  リング作製_002  リング作製_003  リング作製_004
      ①             ②             ③              ④  

リング作製_005  リング作製_006  リング作製_007  
      ⑤             ⑥             ⑦        
【下段左から、再び掴む位置を変えて、軸がリングの中央に位置するように微調整⑤。最後にペンチで成形⑥。で、こうなります⑦。僅かにできた隙間をハンダで閉じます】

リングが出来上がりましたら、隙間をハンダで埋めます。恐らく、この隙間からスナップ付きスイベルが抜けることはないと思いますが、念には念を……です。

【工程②】 プラカゴの改良
次にプラカゴの改良をします。ポイントは2点。1点目は、ボディーの部分カットです。これは、固い軸(ステンレス線)が中央に通るタイプのカゴの、コマセを詰めやすくするための工夫です。上側(外側=先端の尖っている方)ボディーの楕円形の窓の下端を、ハサミなどで切り取ります。加工する窓は、左右どちらか1箇所で結構です。こうすることによて、コマセを詰める際、上側のボディーが軸にぶら下がり(=下側にスライド)、下側の開口部を広く使うことができます。 

ボディーカット_001 ボディーカット_002 ボディーカット_003
【写真左から、窓の下部をハサミで「ハの字」上にバッサリ。餌詰め時、カゴ上部がスライドするので作業が楽に】

2点目の改良は、軸を通すボディーの穴2箇所に、真ちゅう製のハトメを挿入することです。これは着水の衝撃からボディーを守る工夫です。着水の衝撃で軸とカゴの穴がぶつかりあった際、購入時のままですと、穴の部分からカゴが破損することがあります。ハトメがなければ、プラスチックパイプなどで代用してもいいでしょう。

ハトメ挿入

【工程③】 軸周りの作業
軸周りの作業です。イメージ的には<下側>から作って行きます。まず、スリーブを使ってカゴや天秤が抜け落ちないようストッパーを作ります。ペンチなどで軸の先端をスリーブが通るくらいまでU字状に曲げ、そこにスリーブを入れ圧着します【写真下】

軸エンドの作製_001 軸エンドの作製_002

次に軸の<上>の方から
  1. クッション(ゴム管)
  2. ビーズ(小)
  3. 発光玉ソフト(今回はケイムラ)
  4. ビーズ(大)
  5. 天秤
  6. ビーズ(大)
  7. 発光玉ソフト(今回はケイムラ)
  8. オモリ
  9. 発光玉ソフト
  10. カゴ
  11. ビーズ(小)
の順で各パーツを入れていきます【写真下左】 。
発光ソフト玉など、クッション材(赤字部分)が多いことにお気づきでしょうか? これで天秤を支えるビーズやカゴの破損を防ぎます。ここが市販品と違うところです(キッパリ!)  また、オモリで天秤を押さえ込む構造をご理解ください。この構造で、飛行中も水中でも天秤は横に張っています(いるはずです?)

303112619ecc.jpg        201.jpg  

この後、先端側の加工です。軸の<上>の方から①熱収縮チューブ②スリーブの順で入れ、先端をU字状に加工した後、スイベルを入れてスリーブを圧着します。最後に熱収縮チューブを下からずらしてスリーブにかぶせ、熱を加えて固定します【写真上右】。これで、ほぼ完成です。

【工程④】 二つの「隠し味」
ここでは「隠し味」的な処理をします。まず、軸最下端のスリーブに蛍光ゴム管をかぶせます【写真下】。この時、1センチほど垂れ下がるくらいが良いでしょう。このねらいは軸を守るためのもので、仕掛け回収時、最下端が護岸などにぶつかった際の衝撃をゴム管に吸収させます。

軸エンド保護

次の「隠し味」は、天秤の曲げ加工です。軸から2~3センチあたりで下方に45度程度曲げます。
この加工で仕掛け投入時のハリス絡みが激減したと、私は思っています。あくまで私の経験ですが……w 
ちなみに、今回製作したサイズの「カゴ付き天秤」で、1.5メートル長のハリスを使用しています。また天秤を曲げたことによって、海中からの回収時には全体が「一直線」になるので、巻上げがスムーズです。 

完成_002

最後はでかい写真です。大ビーズは作業途中で別物に替えましたw

③オモリ交換タイプと刺し餌受け皿付きタイプの作り方

さて、スタンダードモデルに続いて、「オモリ交換タイプ」「刺し餌受け皿付き」の自作モデルをご紹介しましょう。

スタンダードモデルのオモリは固定式です。行く釣り場が常に決まっていて、潮流などの状況を理解していれば「決めの1個」で事足れりです。また仕掛け回収の際、オモリがブラブラせず、ストレス無く道糸を巻き上げることができます。反面、オモリ交換できないことが最大の欠点です。

「オモリ交換タイプ」は、この欠点を解消したものです。好みの重さのオモリに自由に替えることが可能です。状況がよく分からない釣り場に行く際、スタンダードモデルの8号何個、12号何個と持っていくわけにはいかないので、必ず1本しのばせています。

構造は、投げ用の「改良天秤」にプラカゴを取り付けた感じです。プラカゴの付いた軸と天秤部分がタテ方向に大きくスライドするので携行時にかさばりません【写真下左端】。ぶら下げると【写真下、左から2番目】のようになります。オモリは、スナップ付きスイベルに取り付けます。ナス型や小田原型がいいでしょう。ステン曲げ、ハンダ付けなどの他、ビーズの位置、オモリが天秤を押さえ込む構造など、作り方の基本的な考え方はスタンダードタイプと変わりません。 

  
おもり交換式    あるある (6)    あるある (1)  あるある (5) 

大きく異なる部分は、軸と天秤の接続部でしょう。【写真上、左から3番目】を参照してください。また、スナップ付きスイベルの位置にも注目してください。

参考ですが、【写真上の右端】は茨城県内で売っていた「カゴ付き天秤」です。「名古屋天秤」にプラカゴを付けたものです。なぜかカゴのとがっている方が下向きになります。これもオモリ交換が自由にできます。 「吹流し」も「胴付きサビキ」も使える優れものです(NAKAZIMA製)。




「刺し餌受け皿付き」は、刺し餌を受け皿に「格納」するため飛行中に餌が脱落することがありません。また、比較的長いハリスも扱えます。さらに10ヒロ以上の深ダナを狙う際、目的ダナで正確にコマセと刺し餌を放出することができます。

機能的には超遠投カゴから「超」を省いたようなものですけが、それなりに「欠点」もありますw 使用しているプラカゴの構造上、本格的な遠投カゴ(写真下のDAIWA製)のように餌出し部が大きく開きません。このため刺し餌サイズの大きなオキアミをコマセに使うことができません。ということは、マダイやヒラマサなどの釣りには不向きです。私は、オッカパリだけど狙いダナの深い釣り場や、上層だけどポイントが遠い釣り場などで主に使っています。

自作品の構造は2タイプあります。天秤の位置が、カゴの上にあるかないかの違いです。初期作品は下、最近は上にしました。上の方が、刺し餌の「出」がなんとなくいいような気がしています。残念ながら天秤位置の善し悪しの科学的な根拠を持ち合わせていませんので、ここでも「感」です。

あるある (3)   あるある (2)  あるある (4)
【写真は左から天秤が下の初期型。次が上の後記型。右端はDAIWAの遠投用カゴ】

「受け皿」は、当初、100円ショップで売っていた「物干し竿のエンドキャップ」(白色)で作っていました。余談ですがキャップの穴の位置が店によって異なり、確かキャンドゥ店のものがど真ん中に開いていたと記憶しています。またこの色のせいか、ボラやアイゴによく攻められますw 最近ではメーンとなるプラカゴと同じものを1個用意し、下部の下側をカットして使用しています。なお受け皿には2号程度のオモリを入れ、タナ到着後、カゴボディーからの離れ具合を良くしています。

作り方の考え方は、オモリ交換タイプ同様、スタンダードタイプと変わりません。ただ、上天秤タイプは、1本の線材を切断せずに曲げ加工のみで軸と天秤を作ります。ビーズなど小物を挿入する順番を間違えるとエライことになりますので、落ち着いて作業しましょう。

かご用天秤のこと

P7070004.jpg  

ちょっとブログ更新の間が空きすぎましたm(__)m 言い訳は山ほどあるのですが、それを言い出したらブログを始めた意味がありません。というわけで、今回もつなぎ的な内容になります。重ねてm(__)m

「カゴの天秤」をテーマにを取り上げたのには少なからず訳があります。
6月下旬頃からでした。ホームの釣り場でセグロが大量に湧きました。港内全域、海面直下から底まで全層を占めています。イワシのミルフィーユです。

そこへサビキを投げます。全ての枝素に瞬時に食いつきます。これでは本命のアジは釣れません。イワシの鈴なりに歓声を上げる家族連れを尻目に、頭を抱え込みます。

そんな中、ある釣り人が日中からかなりの確立で形のいいアジを釣り上げています。なんとなく近づいてタックルを見るとじぇじぇじぇ、じゃなかった、ギョギョギョです。両軸でシャトルカゴ……ここは伊豆じゃねぇーし。

でも、よく考えると理にかなっています。餌取りが多いのですから目指すタナまでコマセ、刺し餌を振りまかなければいいわけです。この釣り場は流れが弱いので刺し餌よりサビキが絶対有利と、かたくなに信じ込んでいた頭を強くたたかれた思いがしました。世の中に絶対なんてそうそうありません。臨機応変な対応が、常場でも必要なんです。因みに、両軸を使っている意味は、ご本人いわく「ない」とのこと(笑) 普段は伊豆に足を運んでいるそうで、車中にそのタックルがたまたま乗っていたから使ったまでとのこと。そりゃそうだと思います。ここで100m投げたら、対岸まで届いてしまうかも。

帰宅後、しばらくご無沙汰していたシャトルを取り出したのは言うまでもありません。その際、天秤が行方不明なことに気づきました。そこで購入したのが写真左側の天秤です。ファーストインスピレーションは「高い」「小さい」です。これが流行なのかと自分に言い聞かせつつじっくり観察すると「手作り」できそうです。

そこで「まね」をしたのが写真右側のものです。一部ハンダ付けが終了していないので未完成品ですが、翌週、実釣テストを行いました。使い勝手はいいですね。ただこの時はクッションゴムを付け忘れたので、かなりの頻度で細いハリスがシャトルに絡みました。

次回、機会のある時にちゃんとセットしてスキルを確認してみます。
プロフィール

Kosanjo

Author:Kosanjo
都内在住の還暦を過ぎた「なんちゃってカゴ釣り師」。kosanjoと申します。体力、気力も落ちて「遠投」という言葉は、もはや思い出の中。それでも懲りずに浮き作りに励んでいます。Twitterもどうぞ。

最新記事
ブログ内のカテゴリ
浮きやカゴの作業部位別に分かれています
FC2カウンター
Tide Graph
釣行準備の必需品
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。